おながわクリニック|おながわ小児科アレルギー科クリニック

〒819-0041 福岡県福岡市西区拾六町1-2-7

TEL. 092-885-7878|アレルギー検査、食物アレルギー検査などお気軽にご相談ください。

Web勉強会
2021年02月05日

急性蕁麻疹の治療について

原因はともかく、まず症状の消失を図ります。というのは、膨疹の出来た場所に炎症細胞が集まってくると、長期化の原因となります。

抗アレルギー薬(アレグラ、クラリチン、アレジオンなど)に、低年齢では抗ヒスタミン薬(ペリアクチン、タベジール、アレロックなど)の内服、必要に応じてステロイド薬(プレドニゾロン、リンデロン、セレスタミン(抗ヒスタミン薬含薬)の内服と抗ヒスタミン薬の外用が標準な治療です。

ただ、皮膚そのものの病気ではないため、外用薬の効果は少ないです。

あとは、詳細に分析したうえで、原因・悪化因子が判明すれば、その対応を行います。

通常、直ぐに蕁麻疹が消失した場合は3~4日の内服で終了します。

最新のお知らせ
年間月別アーカイブ
予防接種外来開始しました!

令和2年5月より開始

完全予約制で実施いたします

詳細はホームページ・院内掲示にてご案内予定です

午前一般診療受付8:30~11:50
診療8:40~12:00
健診予防接種外来 受  付13:50~14:20
専用外来14:00~14:50
午後一般診療 受付15:00~17:30
診療15:00~18:00
予防接種外来時間外も予防接種は実施可能です
おながわ小児科アレルギー科クリニック
FAX 092-885-7885

〒819-0041 福岡県福岡市西区拾六町1-2-7