おながわクリニック|おながわ小児科アレルギー科クリニック

〒819-0041 福岡県福岡市西区拾六町1-2-7

TEL. 092-885-7878|アレルギー検査、食物アレルギー検査などお気軽にご相談ください。

Web勉強会
2021年02月04日

春・夏のスキンケア

この時期の悪化因子は、紫外線と汗、プールの塩素、泥や砂などの物理的刺激、蚊や蛾、植物、細菌感染などがあります。

紫外線対策は、本人に合った低刺激のUVカットのローションを塗布すると共に、帽子や日よけの使用お出かけの時間を考慮してください。5月ごろから注意してください。

汗は、皮膚のバリアとなる皮脂膜を流し分泌された汗が皮膚に再吸収されると痒みが増します。その他の物理的刺激とともに、まずは汗をかいた後は、しっかりと洗い流した後に、保湿剤を塗布することが大切です。

特に、皮膚が弱い場合は、普段から皮膚のバリア機構が破綻しています。蚊に刺されれ掻き壊したまま放置すると、細菌感染を起こし、その汁が他の部位に飛び火してく。これが「伝染性膿痂疹」いわゆる「とびひ」という病気です。

蚊に刺されない対策をした上で、蚊に刺されたら直ぐに抗アレルギー薬の内服と外用薬塗布で痒みを軽減させると共に、患部を冷やすことをお勧めします。

暑い夏は、冷房の適正使用と、お風呂の水温をぬるめにして、痒みを軽減させ、吸水性の良い肌着薄着で乗り切りましょう。

最新のお知らせ
年間月別アーカイブ
予防接種外来開始しました!

令和2年5月より開始

完全予約制で実施いたします

詳細はホームページ・院内掲示にてご案内予定です

午前一般診療受付8:30~11:50
診療8:40~12:00
健診予防接種外来 受  付13:50~14:20
専用外来14:00~14:50
午後一般診療 受付15:00~17:30
診療15:00~18:00
予防接種外来時間外も予防接種は実施可能です
おながわ小児科アレルギー科クリニック
FAX 092-885-7885

〒819-0041 福岡県福岡市西区拾六町1-2-7